えひめのNPO活動支援サイト

  • 運営団体
  • 事務局通信
  • お問合せ
  • 新規登録
  • ログイン

えひめSEED 愛媛を豊かするに本気アイデアを応援

  • プロジェクト一覧
  • PICK UP NPO
  • もっと知るSEED
  • 応援したい皆様へ
  • NPOの皆様へ始める

img

みもざ計画

こんにちは。NPO法人ひだまり工房理事長の高木真弓と申します。ひだまり工房は、北宇和郡鬼北町を拠点に、就労移行支援、就労継続支援(A型、B型)、放課後等デイサービス、グループホーム、障害児相談支援事業を行っています。

 

ひだまり工房を立ち上げたきっかけ

事業を始めたきっかけは、自分の子供です。福祉についていろいろ手続をしたり制度を利用したりするのに、不具合や違和感を感じたんです。子供を育てていく中で、社会資源が不足していることを実感しました。特に、障害を持つ子供たちが学校を卒業した後の進路です。宇和特別支援学校で配布された資料(平成21年)では、30名中26名が福祉施設作業所等を利用していますが、それも宇和島市や西予市、八幡浜市、大洲市などで、鬼北町にはそういった場所がありませんでした。それで、これは自分がやるしかないなって思って、平成23年に事業所をオープンしました。就労移行支援、就労継続支援(A型、B型)の3つの施設を同時に立ち上げました。3つ同時に立ち上げたのは、「A型だったらあの子は喜ぶなー、でもあの子は来れないなー」とか、そんなことを考えて、みんな幸せになってほしいから、多機能型にしました。

 

「みもざ計画」について

今回行うプロジェクト「みもざ計画」は、現在鬼北町内で7ヶ所ある施設を1ヶ所に統合し、現在の支援に加えて宿泊型自立訓練や居場所作りも行いたいと考えています。

施設を1ヶ所にするメリットは、利用者がより多くの人、より多くの生き方に触れることができるということです。たとえば、パンの製造販売をする事業所にいる子は、その生き方しか触れることができない。でも、ほかの事をしている人が身近にいて、ほかの働き方を見ることができたら、その子の新しい可能性が開けるかもしれません。

 また、就労支援や職業訓練だけ行う場所では、まだそこまでできない子たちが来ることができません。就労支援より居場所を求めている人もたくさんいます。この施設では、そういった人たちも受け入れたいと思っています。

 「みもざ計画」という名前は、春に黄色い花がたくさん集まって咲くみもざの花のように、みんなが集まれるといいなあという気持ちを込めて付けました。一つ一つは小さな花ですが、集まると木全体が黄色く染まり、鮮やかに景色を染めるみもざのようになりたいと。

 

人間らしく生きるための「楽しみ」

 みもざ計画は、施設の建設など大規模な事業なので、さまざまな補助金などを活用して進めています。しかし、そういった補助金や助成金は、就労支援などに直接必要な機材・設備しか購入することができません。そこで、皆さんにお願いしたいことがあります。

 この施設を利用する方の「楽しみ」として、カラオケセットの購入を検討しています。その資金を支援していただけないでしょうか?

 

 カラオケセット購入費・・・ 50,000円

 

 皆さんも、休日や仕事帰りにカラオケに行ったりスポーツをしたり、リフレッシュする時間がありますよね?施設で就労支援や職業訓練を受ける人たちも同じです。けれど、鬼北町にはなかなかそういった場所がありません。遠くまで出かけなくても、近くでリフレッシュして、また日々の仕事や訓練をする。しんどい訓練も、みんなで楽しく過ごせる時間も、両方揃った場所にしたいと思っています。

 

 この支援内容は、実はプレゼンテーションの直前まで悩みました。同じ娯楽でも、たとえばスポーツ用品などのほうがいいだろうか、とも考えました。けれど、ひだまり工房にはさまざまな障害を持った方がいらっしゃいます。卓球などのスポーツだと出来る人出来ない人がありますが、カラオケでしたらより多くの方に参加して楽しんでもらえます。

なにより、就労部門では利用者同士、優劣をつけたがる傾向があるのですが、お仕事だけでは伝わりにくい利用者の良いところが、ほかの事をいっしょにすることで伝わる事もあります。お仕事ではパッとしない子も、カラオケでは生き生きと歌い、尊敬の眼差しで見られたりして意外な一面を見ることが出来ます。そう考えると、できるだけたくさんの人が気軽に楽しめるものは、カラオケしかないとの結論に至りました。

 

 障害者支援というのは、職業訓練や就労支援だけでは足りません。人間らしく生きるための楽しみを提供することも、大切な支援のひとつだと考えています。朝起きて、仕事をして、帰って寝るだけの生活は、どんな人にとっても楽しくない。どんなハンディを持っていても、それは同じです。ハンディを持っている人も持っていない人も、ちゃんと豊かな人生を送れる社会を作りたい。それが私たちの想いです。

 

どうぞご協力をお願いいたします。



ひだまり工房

障害児・者、社会的ハンディをもつ人に対して飲食業、情報処理サービス、加工品製造及び販売に至る職業能力開発・就労支援及び自立支援に関する事業を行い、地域社会での障害児・者、社会的ハンディをもつ人の自立・…

応援した人
1
集まったお金
  • 3,000
  • 目標金額:50,000円
期限まで
募集項目
  • お金

プロジェクト失敗

チケット一覧

お金

top

応援チケット:3,000円
  • お礼状をお送りします。
  • 1個 購入済み

▲

bottom