えひめのNPO活動支援サイト

  • 運営団体
  • 事務局通信
  • お問合せ
  • 新規登録
  • ログイン

えひめSEED 愛媛を豊かするに本気アイデアを応援

  • プロジェクト一覧
  • PICK UP NPO
  • もっと知るSEED
  • 応援したい皆様へ
  • NPOの皆様へ始める

img

対話が開ける次代のシャッター。「えひめ商店街今昔ミライ物語集」

対話を通じて「応援される商店主」を増やし、商店街に賑わいを

 

子どもの頃に感じた商店街の賑わいを、懐かしく思ったことはありませんか?

シャッターが下りた地方商店街に、対等で建設的な対話の“場”を創り、家主の応援を受けた若くて元気な、“顔の見える”新しい商店主を増やすことで、あの頃の賑わいと暖かみを取り戻していくプロジェクトです。

商店街が持つ物理的な平坦さを気持ちの面にも活かし、「家主」や「現在の商店主」「次代の商店主」「商店街のファン」など多様な立場の参加者が『未来の商店街の在り方』について対話することで、互いに“応援し・応援される”関係性を創り出し、県内の商店街が現在、5軒に1軒の割合で空き店舗を抱えている等の地域課題を解決していきます。

万国旗がはためく愛媛県松山市・萱町商店街で「学びのオープンスペース affetti(アフェッティ)」を運営している代表の孕石修也(はらみいし・しゅうや)です。affettiは「自分で決めたことをやりきる力」を合言葉に、「これからの時代を生き抜く力をはぐくむ」をテーマにした少人数制学習塾です。そして私自身は「より多くの生徒が主体的に考え、やらされている感からの脱却を目指す。その為に、隣のテナントを借りて規模拡大をする」と2年前のSeeDで宣言しました。

 

 

商店主さん達にも色々あるけど、まずは1つのテーブルに集まりたい

その宣言から半年後の2013年3月、入居に向けて何度も話し合っていたテナントの大家さんから「孕石さんは家族みたいなもんやから。腹割って話しましょうや」「いつも孕石さんが頑張ってるの見てるから。私たちにも応援させて」という言葉を掛けて貰いました。その言葉の裏には、半年間、他の入居希望者を断わっていてくれた事実がありました。

しかし先日、ある商店主さんからこんな言葉を聞きました。「私たちの世代の店主は今の代で店を閉め、マンションを建てようと考えている」と。このままでは萱町商店街が消えてしまうと思いました。そう遠くない10年後にも、今は毎朝聞こえている「ガラガラ」というシャッターの開く音や、風の強い日に万国旗が奏でる「ハタハタ」の音色も途切れてしまう。その原因は、商店主さんによって異なる事業継承意識の差や事業継続に前向きな商店主さん達の中での方向性のズレ、商店主と開発業者とのギャップなど色々とあることが分かり始めました。そこで、先ずは1つのテーブルに着くための“場”を創ることから始めようと思い、このプロジェクトをスタートしました。

 

 

 今から10年後には4軒に1軒以上が空き店舗?

このような状況は、何も萱町商店街に限ったことじゃないはずです。

閉ざされたシャッターが、いつしか、どこにでもある全国資本のお店に変わったり、更地にされて駐車場やマンションになったり。愛媛県内には131の商店街があります。しかし、空き店舗率は年々増え続け、平成15年の13.5%から平成25年には20.5%にまで増加しています。もしこのまま今後10年も同じように空き店舗が増加した場合、平成35年には4軒に1軒以上が空き店舗になってしまいます。

商店主の方たちは「立地条件」や「地域密着度」には強みがあると思っていますが、「店舗密度」や「業種構成」「駐車場・駐輪場」に次いで、「個店の魅力」と「人材」について課題を感じています。しかしながら現実には「足並みが揃わない」などといった問題も横たわっています。(平成15〜25年の数値は平成21・25年度 愛媛県商店街実態調査結果報告書を参照。平成27年以降の数値は15〜25年の増加率をスライドした値)

 

私は、顔の見える、商店主と触れ合える“萱町的な”商店街を守りたいと思っています。

商店街という物理的に平坦な空間は精神面でも色々な立場を超えて、対等で家族的な関係を築ける可能性を秘めている。

――― これが私の実感です。

 

 

小さな挑戦を乗り越えた若者と応援者を引き逢わせて商店主に育てる

今、次代の商店主候補が増えています。「雇用される」以外の選択肢に憧れながらも、チャレンジする場のない、私と同世代の学生や社会人たちです。私のところへ「起業・独立」について相談にくる彼・彼女らにも、私と同じ様に商店街でチャレンジして欲しい。そして、応援されて欲しい。そう思いました。

――とは言え、いきなり実店舗を構えるのは借りる側にも貸す側にもリスクが伴います。

その解決策としてECサイト運営を通じて経営ノウハウを磨いた後に、そのサイトのM&Aによって資金調達するというスモールスタートアップ(小さく始める)サービスを提供します。

そこで育った商店主候補を、今度は萱町商店街全体で一国一城の商店主に育てていく。「まちを豊かにする意志」を持って1人ひとりの商店主を輝かせ、商店街を時代に応じた“多様な働き方・生き方のショウケース”に変えていくことが、商店街が持つ強みを活かしながら「個店の魅力」や「業種構成」を克服し、店舗密度を上げていく人材の確保に繋がるはずです。若者ならではの企画力やアイデア、ECサイトの運営ノウハウも、今の商店主さんたちが今後必要になると考えている資源や能力と合致します。

 

 

商店街の未来について立場を超えて話しえる“場”があれば!

私に応援してくれる大家さんが居てくれるように、ほかの若者にも応援してくれる大家さんや商店主さんが居れば、愛媛の商店街の未来は変わるんじゃないか?商店街の未来について立場を超えて話しえる“場”があれば、私と大家さんのような存在が巡り会い、見つめるべき課題も知ってもらえるはずだと考え、今回のプロジェクトをスタートに至りました。

 

 

■プロジェクトの現状と課題

商店主のこれまで言い出せなかった素直な気持ちや解決できないと思っていた課題を洗い出す“場”がない。また、起業・独立に興味がありながらもチャレンジする“場”のない若者が居る。その両者や商店街利用者などが一緒に未来の商店街像を描く“場”としてのワークショップを開催する。最初のうちは毎月開催するが、将来的には商店街組合の会合に統合していきたい。

【ワークショップ】えひめ商店街今昔ミライ物語集(仮)

【テーマ】変化を起こしていくための未来志向の対話の“場”

【内 容】『これからの萱町商店街』。 どんな商店街だったら行きたくなるだろう。

      そして、その姿にむけて、自分がしたいことってなんだろう。

      自分の夢と商店街の夢を重ね、ふたつの夢の間で「今」を考える。

【場 所】学びのオープンスペース affetti

【日 時】2014年4月22日(火)/5月27日(火) いずれも朝7:00〜8:00(6:30開場)

【カンパ代】100円

【備 考】飲食物持込OK

 

■必要な資源

【 お 金 】

・みんなが来やすくなるような看板の製作費:20,000円

・ワークショップのチラシ(A4/300枚)製作費:5,000円

【 ヒ ト 】

・ファシリテーター

・参加者(商店主、起業・独立に興味がある若者、商店街利用者など)

【 モ ノ 】

・マーカーセット

・模造紙

・付せん(大きめ)

 

■応援チケット

  3,000円:お礼状と学習塾affetti無料体験(やる気UP講座)チケット

  5,000円:お礼状と学習塾affetti無料体験(やる気UP講座)チケット+チラシにお名前記載

10,000円:お礼状と学習塾affetti無料体験(やる気UP講座)チケット+チラシにお名前記載+affettiオリジナルテキスト



学びのオープンスペースaffetti

松山市萱町商店街にある「これからの時代を生き抜く力をはぐくむ」がテーマの少人数制学習塾です。合言葉は「自分で決めたことをやりきる力」!http://affetti-web.com

応援した人
7
集まったお金
  • 26,000
  • 目標金額:25,000円
期限まで
募集項目
  • お金
  • 人
  • もの

プロジェクト成功

チケット一覧

お金

top

応援チケット:3,000円
  • ・お礼状と「学習塾affetti無料体験(やる気UP講座)チケット」を差し上げます。
  • 2個 購入済み

▲

bottom

応援チケット:5,000円
  • ・お礼状と「学習塾affetti無料体験(やる気UP講座)チケット」を差し上げます。
    ・ワークショップ開催告知のチラシにお名前を記載させて頂きます。
  • 2個 購入済み

▲

bottom

応援チケット:10,000円
  • ・お礼状と「学習塾affetti無料体験(やる気UP講座)チケット」を差し上げます。
    ・ワークショップ開催告知のチラシにお名前を掲載させて頂きます。
    ・affettiオリジナルテキストを差し上げます。
  • 1個 購入済み

▲

bottom

人

top

5月27日(火)の参加者
  • 5月27日(火)朝7:00〜8:00(6:30開場)のワークショップに参加して頂ける方(商店主、起業・独立に興味がある若者、商店街利用者など)。
  • 応援した人:1人

▲

bottom

4月22日(火)の参加者
  • 4月22日(火)朝7:00〜8:00(6:30開場)のワークショップに参加して頂ける方(商店主、起業・独立に興味がある若者、商店街利用者など)。
  • 応援した人:2人

▲

bottom

もの

top

マーカーセット
  • ワークショップで使用する水性マーカー
  • 応援した人:0人

▲

bottom

模造紙
  • ワークショップで使用する模造紙
  • 応援した人:0人

▲

bottom

付せん紙
  • ワークショップで使用する付せん紙
  • 応援した人:0人

▲

bottom