えひめのNPO活動支援サイト

  • 運営団体
  • 事務局通信
  • お問合せ
  • 新規登録
  • ログイン

えひめSEED 愛媛を豊かするに本気アイデアを応援

  • プロジェクト一覧
  • PICK UP NPO
  • もっと知るSEED
  • 応援したい皆様へ
  • NPOの皆様へ始める

img

ぶうしすてむ

情報開示度

★★★

http://www.busystem.jp/

2013.07.23 15.40更新

line

障害を持つ人々が、精神的・社会的に自立して、社会参加・就労できるようになるために、コンピュータやその周辺領域の知識や技術を利用した仕事の開拓・研修・実習・実務に関する事業を行うとともに、他の障害者支援団体との交流事業を行うことで障害者の社会への完全参加と自立に役立つことを目的とする。

代表者インタビュー

川崎 壽洋

 

「パソコンでつなげようあなたの未来」

イメージキャラクターのかわいいブタさんが目印。事業所内は、バリアフリー構造で、一歩入ると明るい照明に楽しそうな声が響き合っている。理事長の川崎壽洋さんの笑顔。ぶうしすてむの魅力が五感を通し一瞬で感じられた。
Boundary(境界)Unfenced (垣根を取り払う)の頭文字をとってBUで、ぶう。
ユーモアを交えながらも法人の根本にある理念を強く意識したネーミングだ。1997年 「えひめ視聴覚障害者とともに歩む会」の中で創立以来、15年、初代理事長の思いを引き継ぎながらも、独自の個性を展開し新しいプロジェクトを構築し続けている。
継続的な活動、次世代育成のため、2011年6月、これまでのシステムを引き継ぎ就労継続支援A型事業をはじめる。障がいをもつ人が働きやすい在宅就業をするために設立。当初は10万円規模だった売上が、就労事業を行うようになり、年に100万円ずつ上がりはじめる。実績に応じて県や市からの委託事業を請け負うことが増え、確実に手ごたえを感じ取っている。
これぞ、周りの多くの方に@見てA知ってB理解してもらいたいという法人のプロジェクトに通じるものとなる。
パソコンのスキルという強みを持ちつつも、障がい者に対する知識不足や、思いを共有できる人材確保、ボランティアの参画状況などの問題が浮上してきている。近年は、精神的な障がいを持つ方が増加傾向にあり、その対応に頭を悩ませた時もあった。しかし、一つずつ勉強し、障がい者への理解を図る。
また、在宅就業システムの更なる拡大のためにも力を注いでおり、松山市と提携しテレワーク発注推奨金制度の指定事業所となる。しかし、在宅就労に関する法律の壁があり、規制緩和を求めたいところだ。
人を育てて、協力しながら自活できる給料を得る。人が社会参加するために大切な雇用の場を提供する。パソコンを通じて、障がいを持っていてもいなくても、等しく活動を行える情報格差のない社会。ノーマライゼーション実現のため「ぶうしすてむ」が障がい者の参画事業のモデルとなるだろう。

 ヒアリング:2012年8月6日 文責:澤上幸子


 


 


 

団体概要

top

  • 団体名
    ぶうしすてむ
  • 所在地
    〒790-0821 愛媛県松山市木屋町3丁目12-7
  • 電話番号
    089-923-5002
  • ファックス番号
    089-923-5020
  • メールアドレス
    staff@busystem.jp
  • URL
    http://www.busystem.jp/
  • 代表者名
    川崎 壽洋
  • 役員名
    川崎 壽洋
  • 従業員名
    二神 重則・久保田 雄二・斉藤 よし子・村上 正人
  • 設立年月日
    2000年12月6日
  • 活動目的
    本法人は、障害を持つ人々が、精神的・社会的に自立して、社会参加・就労できるようになるために、コンピュータやその周辺領域の知識や技術を利用した仕事の開拓・研修・実習・実務に関する事業を行うとともに、他の障害者支援団体との交流事業を行うことで障害者の社会への完全参加と自立に役立つことを目的とする。
  • 活動分野
    福祉・保健・医療、職能開発・雇用拡充、情報化社会の発展
  • 定款及び
    事業報告書
     

bottom

ログインが必要です

チケット一覧