えひめのNPO活動支援サイト

  • 運営団体
  • 事務局通信
  • お問合せ
  • 新規登録
  • ログイン

えひめSEED 愛媛を豊かするに本気アイデアを応援

  • プロジェクト一覧
  • PICK UP NPO
  • もっと知るSEED
  • 応援したい皆様へ
  • NPOの皆様へ始める

img

クオリティ・アンド・コミュニケーション・オブ・アーツ

情報開示度

★★★

http://www.geocities.jp/noryao2/

2014.08.08 11.10更新

line

社会資本としての芸術の振興と活用を推進するため、芸術活動を行う個人や団体また、これを享受する地域社会に対して、その支援や橋渡し、普及等に関する事業を行い、もって独創力、表現力、創造性のある人と地域の形成を目指し、公益に寄与することを目的にする。

代表者インタビュー

徳永 高志

 

「アートは地域をつなぐ!」

一番町に「NPO法人さなえ」の大きな看板が目立つビルがある。徳永さんの案内で中に入ると、障がい者が就労して自立できるよう、カフェや食堂、縫製作業などが運営されており、障がいを持った方々がそれぞれの持ち場でいきいきと働いていた。そのなかでアート作品の展示が目に飛び込んできた。3階の一角にある「アートコーナー」の登場だ。
「アーツセンター1_1(one bar one)」のチラシをいただいてしばらく眺めた。「ワン・バー・ワン」と名づけられた空間は、ギャラリーであり、創作活動やワークショップなどができるフリースペースだ。どうも、アート作品に囲まれるとある種の不思議な空気に包まれる。街中を歩いている途中でふと立ち止まって、つい何かに見入ってしまったような感覚だ。
「クオリティ・アンド・コミュニケーション・オブ・アーツ」は、通称「カコア」で親しまれている。しかし、徳永さん自身がアーティストというわけではない。そもそもクラシック音楽や美術館が大好きという、鑑賞を趣味としていたところから、アートを介して面白いまちづくりができる、「+アート」で中間支援として取り組んできたという。
中でも、三津浜の「アート」に関するムーヴメントは代表的。アート蔵、木村邸など、まちづくり団体や地元住民やアーティストとともにアートで盛り上げ、さまざまなイベントが仕組まれている。「地域+人」だけではない、「+アート」があってこその新たなコミュニティ文化を創造しているのだ。地域資源をユニークな手法で活かしたまちづくりとして、多くの市民に親しまれている。
「ワン・バー・ワン」には障がい者や学生たちが制作したカラフルなアート作品が展示されていたが、作品には障がいの有無など何の区別も差別もない。アートを通して心のバリアフリーに近づくことができるかも知れない、と思った。
あなたにとってアートって何ですか?こんな質問をしたら、きっと百人百様の答えが返ってくるに違いない。「+アート」で街をプロデュースしていく徳永さんは、これからもさまざまな地域を創造性に富む空間に変えていくだろう。

 ヒアリング:2012年8月24日 文責:竹内よし子


 


 


 

団体概要

top

  • 団体名
    クオリティ・アンド・コミュニケーション・オブ・アーツ
  • 所在地
    〒791-8061 愛媛県松山市三津2丁目8-18
  • 電話番号
    090-9778-1298
  • ファックス番号
     
  • メールアドレス
    qacoa_labo@yahoo.co.jp
  • URL
    http://www.geocities.jp/noryao2/
  • 代表者名
    徳永 高志
  • 役員名
    理事:藤岡直樹、三好直美、田中教夫  監事:白石卓夫
  • 従業員名
  • 設立年月日
    2004年8月20日
  • 活動目的
    この法人は、社会資本としての芸術の振興と活用を推進するため、芸術活動を行う個人や団体また、これを享受する地域社会に対して、その支援や橋渡し、普及等に関する事業を行い、もって独創力、表現力、創造性のある人と地域の形成を目指し、公益に寄与することを目的にする。
  • 活動分野
    福祉・保健・医療、学術・文化・芸術・スポーツ、まちづくり
  • 定款及び
    事業報告書
     

bottom

ログインが必要です

チケット一覧