えひめのNPO活動支援サイト

  • 運営団体
  • 事務局通信
  • お問合せ
  • 新規登録
  • ログイン

えひめSEED 愛媛を豊かするに本気アイデアを応援

  • プロジェクト一覧
  • PICK UP NPO
  • もっと知るSEED
  • 応援したい皆様へ
  • NPOの皆様へ始める

img

NPO法人愛媛リサイクル市民の会/まつやまRe:再来館/NPO法人ふれあいエコクラブ

情報開示度

★★★

http://www.e-r-c-a.net/

2015.08.18 13.00更新

line

不特定多数の団体及び個人を対象とする環境保全活動としてのリサイクルフリーマーケットの開催を通じて、相互の交流を図るとともに、地球における環境保全問題の中から、各団体及び個人の共通課題を設け、その調査研究、児童、生徒ほかに対する環境教育などの諸活動を通じて住みよいまちづくりと資源循環型社会の構築に寄与することを目的とする。

代表者インタビュー

NPO法人愛媛リサイクル市民の会/NPO法人ふれあいエコクラブ/まつやまRe:再来館館長 吉田 啓二

 

 

【愛媛リサイクル市民の会立ち上げのきっかけ】
 もともと会社を経営しているんだけど、40歳をすぎて、経営だけじゃだめだと思って、ライフワークとしてやってみたいと思ったのが環境活動だった。私ら団塊の世代は、学生時代に公害を目の当たりにしてきたんだよ。水俣病とかイタイイタイ病とか、あったでしょう?国民を、国が置き去りにしてきた、そういう時代を見てきたからね。
フリーマーケットを始める
活動を始めた当時、約20年前には、東京や大阪、福岡では行政と手を組んだリサイクルフリーマーケットが数多くあったけど、愛媛ではやっていなかった。これは役所ではできない公共サービスだ。そして、フリーマーケットは生活スタイルや物の使い方を変え、みんなの意識が変わっていくと思った。それで、いろんなところに勉強に行った。立ち上げのときは4人で始めたんだよ。そのときに、公共性を持たせるために、市や県と手を組もうといろいろ働きかけた。最初堀の内公園でやりたいと行政に交渉してね、10ヶ月くらいかなあ、時間がかかったよ。

【フリーマーケットから拠点づくりへ】
フリーマーケットをやる目的のひとつは、将来的に市民運営による環境啓発の拠点となる場所を作るためにフリーマーケットでお金を貯めようと。同時に、行政にもいろいろ働きかけた。リサイクルや資源の循環について、より啓発していくためには、拠点となる施設が必要だって。活動を続けて、8年目で「まつやまRe・再来館(リサイクルかん、以後りっくる)」ができた。20年くらいかかるかなあと思っていたけどね、ちょうど松山市も環境に力を入れたいという想いが強くあって、市民への啓発をしてほしいと話があった。それで、市が環境活動に取り組んでいる人たちを30人集めてくれて、平成13年に正式に市に提言して、動き始めたんだ。

【ふれあいエコクラブの取り組み】
 りっくるの事業は、愛媛リサイクル市民の会じゃなくて、提言したときの30名+公募の6名の36名でやることになった。それで立ち上がったのが「まつやまRe・再来館運営協議会」。
りっくるの運営内容は、完成の1年前から、提言時の30人+行政とで、中身について対話を続けて積み上げてきたんだ。まず1つ目は設備。この建物自体に、リサイクルの仕掛けを埋め込みたかった。例えば、この床材、何でできてると思う?これは電気チューブの廃材なんだよ。電気工事なんかで、電気のコードが出てくるでしょう?その中身を抜いた後の外側を再利用しているんだよ。外の駐車場のレンガは、よその公園なんかで不要になったレンガを焼きなおして使っているし、車が走る部分は、ただのアスファルトに見えるけど、実は可燃ごみを焼却したときの灰を混ぜているんだよ。
 それから、市民の粗大ゴミで使えるものを修理して再利用する事業をしている。市の清掃課職員がいらなくなった家具を回収に行って、シルバー人材センターの元家具職人の方が簡単な修理で使えるものを引き取ってきれいにして、また販売するんだ。物はちゃんと使えば長く使えるんだということを伝えるためにね。

【これからの未来のために】
 ここに来たら、リサイクルのこと、資源のことが見て触って学べる。自分たちの暮らしや生き方について、少しでも考えてもらうきっかけにしてほしい。ほら、入り口のこの家の模型は、エコな暮らしを提案しているんだよ。どこがエコなのか、番号が書いてあるシートを見てもらえれば分かる。シートを見ながら学べるように自分たちで作ったんだ。自分のうちと見比べながら、ちょっとでも関心を持ってもらえたら嬉しいね。

【愛媛リサイクル市民の会】http://www.e-r-c-a.net/
【まつやまRe:再来館/ふれあいエコクラブ】http://home.e-catv.ne.jp/rikkuru/

 ヒアリング:2015年8月7日 文責:安永 依里子


 


 


 

団体概要

top

  • 団体名
    NPO法人愛媛リサイクル市民の会/まつやまRe:再来館/NPO法人ふれあいエコクラブ
  • 所在地
    〒791-1102 愛媛県松山市来住町1430-1-2F
  • 電話番号
    089-905-8551
  • ファックス番号
    089-905-8551
  • メールアドレス
    e-r-c-a@netcruise.co.jp
  • URL
    http://www.e-r-c-a.net/
  • 代表者名
    NPO法人愛媛リサイクル市民の会/NPO法人ふれあいエコクラブ/まつやまRe:再来館館長 吉田 啓二
  • 役員名
    吉田 啓二
  • 従業員名
    菅 啓三・清水 健二・千葉 薫・沼 洋子・安澤 健・戒能  匡彦・須貝 真弓・唐木 邦彰・大平 達也・篠田 望・日野林 美智子
  • 設立年月日
    2002年2月6日
  • 活動目的
    この法人は、不特定多数の団体及び個人を対象とする環境保全活動としてのリサイクルフリーマーケットの開催を通じて、相互の交流を図るとともに、地球における環境保全問題の中から、各団体及び個人の共通課題を設け、その調査研究、児童、生徒ほかに対する環境教育などの諸活動を通じて住みよいまちづくりと資源循環型社会の構築に寄与することを目的とする。
  • 活動分野
    子どもの健全育成、社会教育、まちづくり、環境保全
  • 定款及び
    事業報告書
     

bottom

ログインが必要です

チケット一覧