えひめのNPO活動支援サイト

  • 運営団体
  • 事務局通信
  • お問合せ
  • 新規登録
  • ログイン

えひめSEED 愛媛を豊かするに本気アイデアを応援

  • プロジェクト一覧
  • PICK UP NPO
  • もっと知るSEED
  • 応援したい皆様へ
  • NPOの皆様へ始める

img

NPO法人アトリエ素心居

情報開示度

★★

http://www.geocities.jp/atorie123jp/

2014.08.22 14.33更新

line

表現活動に関心がある障害者の創作活動を、陶芸・絵画・和太鼓などで支援。また、啓発活動として2階ギャラリーを使用して展覧会やミニコンサート等を企画・開催している。

代表者インタビュー

河部 宏子(かわべ・ひろこ)

 

感性や可能性を大切にできる場所として

■2004年から「みんなでたたこうin愛媛」を開催

うちの娘がダウン症でね。あの子の為に陶芸を始めたんですよ。ダウン症だと将来どうなるかも、ある程度予想がつくから。それで(生後)8ヵ月のときに窯をこしらえて、障害児を持つお母さんたちと陶芸作品を作って、展示会をやりよったんですよ。将来、陶芸なら娘も作品づくりのどこかに参加できるから。で、学校を卒業して「さあ、やろうか」ってなったら、「粘土が冷たい!嫌や!」って。それで、彼女が和太鼓演奏に興味を示したので、2002年に太鼓指導をしている先生にお願いして、太鼓グループ“いってき太鼓”を立ち上げました。しっかり興味もって練習してます。

最初のうちは、いってき太鼓だけで練習をしていたのですが、ほかのグループの演奏も聴きたくて県内で障害者の太鼓グループに声をかけて2004年から「みんなでたたこうin愛媛」を開催しました。法人化したのも、そういったタイミングでしたね。彼・彼女たちは、毎年舞台の上で照明を浴びながらの演奏、観客からの拍手を受けることで達成感を味わって、演奏技術も上達しています。10回目の今年は10月12日に開催なので、是非お越しください。手伝っていただけるボランティアの人も、ノウハウも大分たまって、運営も楽になってきました。今まで参加されてない団体さんにも声をかけて、もっと輪を拡げたいです。

■絵画、陶芸制作の支援と展示・紹介

太鼓の練習は毎月第2・4日曜に愛媛県視聴覚センターでしてて、いってき太鼓メンバーは20人くらい居るんですけど、中には先生役を自分から言い出す子も増えてきたんですよ。13年間継続できたことの成果です。障害のある人たちはゆっくり着実に成長してます。
そのほか普段の活動は、(アトリエ素心居の)工房では障害者への絵画、陶芸制作支援をし、出来上がった優れた作品は2階ギャラリーでは年間通して展示、紹介をしてます。あと、毎月第3日曜日には障害者を中心に、地域の子供たちと音楽ムーブメントを開催してます。サマーコンサートやクリスマスコンサートを毎年開催してて、今年は8月17日と12月21日の開催予定です。

■作品の貸出にも取り組みたい

あと取り組みたいのは、絵とか壷といった作品の貸し出しですね。障害者が作ったもんだからって安く売りたくはないし、売ったら手元に残らないでしょ。だったら月極めのリースみたいな形で貸し出せば、道後のホテルやなんかだったら毎月、絵や花を生ける花器が変わるからいいんじゃないかな、って。ここに来てる子たちの中にも自立したいって子がいるけど、なかなか障害者年金だけでは厳しいから、少しでも収入のプラスになる様なことができたら。ここの2階にある作品なんか、どれも素晴らしい芸術作品ですよ。ホームページでも作品を載せて、ライセンス料みたいな感じで、収入になる仕組みが作れたらと思ってます。

(養護学校等を)卒業して社会に出たら、なかなか芸術活動に触れられる機会がないでしょ。せっかく持ってる感性や可能性を大切にできる場所として、これからも活動していきたいですね。

 取材日:2014年2月19日 聞き手:馬越俊介


“いってき太鼓”練習風景


2階ギャラリー


入口では個性豊かな作品が出迎えてくれる

団体概要

top

  • 団体名
    NPO法人アトリエ素心居
  • 所在地
    〒791-8032 愛媛県松山市南斎院町812番地
  • 電話番号
    089-972-0064
  • ファックス番号
    089-972-0064
  • メールアドレス
    atelier_soshinkyo@ybb.ne.jp
  • URL
    http://www.geocities.jp/atorie123jp/
  • 代表者名
    河部 宏子(かわべ・ひろこ)
  • 役員名
     
  • 従業員名
  • 設立年月日
    2004年3月17日
  • 活動目的
    この法人は不特定多数の障害のある人に対し、芸術活動を支援することによって、美術や音楽等の表現活動に興味・関心のある障害者の潜在能力や可能性を引き出すと共に、アートの視点から障害者の人権を守り、社会参加を目指しながら、公益に寄与することを目的とする。
  • 活動分野
    福祉・保健・医療、学術・文化・芸術・スポーツ、人権擁護、平和
  • 定款及び
    事業報告書
     

bottom

ログインが必要です

チケット一覧