えひめのNPO活動支援サイト

  • 運営団体
  • 事務局通信
  • お問合せ
  • 新規登録
  • ログイン

えひめSEED 愛媛を豊かするに本気アイデアを応援

  • プロジェクト一覧
  • PICK UP NPO
  • もっと知るSEED
  • 応援したい皆様へ
  • NPOの皆様へ始める

img

こころ塾

情報開示度

★★★

http://www.kokorojuku.net/

2013.07.23 18.20更新

line

こころ塾は、うつ病の方の職場復帰支援を公的機関で担当していたメンバーが中心になり、設立しました。
「うつ病」と 正しく向き合うことで、社会人としてのプライドを取り戻し、経済的な自立や「うつ病」の克服を仲間と支え合いながら勝ち取っていく場を作りたいと考えています。「うつ病」から回復していく道筋は、当事者・家族が自分と向き合い、自分の力で歩む道筋です。決して簡単ではない道ですが、仲間や回復者とのやり取りは、きっと勇気や安心、そして正しい方向を示してくれます。
病気を克服するのは自分自身という決意こそが、回復への協力なパワーになることを一緒に学んでいきましょう。

代表者インタビュー

村松 つね

東京学芸大学卒業後、横浜市で教鞭をとる。夫の実家がある松山に転居後、脊髄バンクコーディネーターや障害就職センターのリワークアシスタントを務めた。2008年にNPOこころ塾を設立し、うつ病支援に取り組んでいる。

「誰でも受けられる支援を」

 命に関わる仕事がしたい。高校2年生の時からそう思い続けてきた。村松さんはそう語った。村松さんは、月に1回中小企業家同友会に足を運び、経営力を学んでいる。中小企業家同友会では経営について、実際の失敗事例を元に学べ、さまざまな経営者との「繋がり」を持てるので、「こころ塾」にとっても大変有意義なものになっているという。「笑って何かをやるためには強くなければ」。
 「誰でも受けられる支援を」。そう強く思った村松さんは考えるよりまず行動、「こころ塾」を立ち上げた。最初はわからないことだらけで、資金面など、苦労が絶えなかったという。その環境を打破し、今までの間に一体どのような苦難があったのか、それは今回のヒアリングだけでは語り尽くせないものであったと思う。何をするにしても「初めてやる」というのは勇気がいるが、その「勇気」が結果として多くの人々を救う「希望」になった。 
 村松さんは、「こころの病」で悩む人々の「こころ」が少しでも楽になるように努力をしている。それは、まるで「こころの病」を持つ人々に寄り添って共に歩んで行くことのようだ。
 日本は自殺により命を落とす人が毎年3万人を超える。自殺者のうち70%は自殺前に誰かに相談するというデータもある。彼らは「生と死」の分岐点に立っている。その分岐点にいることを誰かがしっかりと気づき、軌道修正出来るかが重要になってくる。
その「分岐点」に関われるのは凄いことだ!と村松さんは話してくれた。しかし、せっかく気がついてもしっかりとケアすることができず、分岐点に立たされたまま放任されてしまうこともしばしば起こる。 だからこそもっと「こころ塾」のような「場所」が必要だ、村松さんの言葉には重みがあった。
 実際に支援出来る人数や技術面には限りがある。そこで、行政や関連団体との連携に努め、相談者に「ピッタリ」な場所の提供が出来るように日々心がけている。常に研究、修養に努め、より多くの人々が気軽に利用出来るような環境作りをし、多くの人の役に立ちたいという強い思いが松村さんから伝わってきた。その思いがあるからこそ、多くの人々が「こころ塾」を頼り、励まされ、人生を再出発していけるのだ。

 ヒアリング:2012年8月10日 文責:野田昇吾


 


 


 

団体概要

top

  • 団体名
    こころ塾
  • 所在地
    〒790-0004 松山市大街道三丁目2番地16
  • 電話番号
    089-931-0702
  • ファックス番号
    089-931-0722
  • メールアドレス
    kokorojuku@otoiawase.jp
  • URL
    http://www.kokorojuku.net/
  • 代表者名
    村松 つね
  • 役員名
    村松 つね
  • 従業員名
    高木 義廣・西原 康雄・平野 啓三・仲村 勝彦
  • 設立年月日
    2008年2月29日
  • 活動目的
    この法人は、働く人々に対して、心の健康保持増進に関する事業を行い、幸せな家庭、職場作りに寄与することを目的とする。
  • 活動分野
    福祉・保健・医療、職能開発・雇用拡充
  • 定款及び
    事業報告書
     

bottom

ログインが必要です

チケット一覧