えひめのNPO活動支援サイト

  • 運営団体
  • 事務局通信
  • お問合せ
  • 新規登録
  • ログイン

えひめSEED 愛媛を豊かするに本気アイデアを応援

  • プロジェクト一覧
  • PICK UP NPO
  • もっと知るSEED
  • 応援したい皆様へ
  • NPOの皆様へ始める

img

ドッグフォーライフジャパン 砂田眞希さん(ドッグフォーライフジャパン代表)

http://dogforlife.org/

2016.10.30 11.39更新

line

 

インタビュー

砂田眞希さん(ドッグフォーライフジャパン代表)

2015年、愛媛県第一号聴導犬を育成しました。人も犬もより豊かな生活が送れるよう活動しています。

愛媛県を補助犬に優しい県、日本一を目指します。

ご自身が考える「地域(社会)が抱える課題」を教えてください。

 課題は大きく2つあります。1つ目は障害者の社会参加です。まだまだ日常で障害者が同じ職場にいたり、学校で共に学んだりする機会が少なく、障害者と接する機会がない多くの人は、接し方がわからず適切な対応が取りにくい。それが障害者の社会参加の壁になっていると感じています。
 2つ目は動物(ここでは特に犬)を取り巻く人々の意識向上。愛犬家の人達が犬の生態を理解し飼育する、人間社会で共存するために犬にマナー(躾)を教える必要性を理解する意識が低いので、介助犬、聴導犬など訓練された犬に対する社会の信頼性も低いと感じています。

------課題を放置しておくと地域はどうなりますか?

 ユニバーサルデザインの普及や障害者の積極的な雇用が法律や制度で取り込まれていますが、見た目だけのデザインであったり、雇用はするもののコミュニケーション問題などで離職率が高かったりと「働きたいけど働けない」障害者が増える状況が続いてしまいます。犬の飼い主に関しては、マナーの悪い愛犬家が原因で公園に立ち入り禁止になったり、犬に対する社会的印象が悪くなることで犬への規制がどんどん厳しくなり愛犬家が住みにくい社会になってしまいます。

------なぜ、砂田さんが課題に取り組まないといけないのですか?

 犬が大好きで「犬」が幸せ暮らせる社会を築いていきたい。そして、犬が持つ素晴らしい力を沢山の人に経験してもらい人生を豊かにして欲しいからです。

------課題へ取組んでいる事業と、事業の特徴を教えてください

 手足の不自由な人を助ける介助犬、耳の不自由な人を助ける聴導犬を育成し障害者へ提供することで社会参加の支援をしています。また補助犬使用者が活躍しやすい社会にするための普及活動、一般愛犬家を対象にした家庭犬のしつけ方教室を行い愛犬家の意識向上を行っています。

------課題改善に最初に取り組んだことは何ですか?

 補助犬講演会やイベントなどを行い、介助犬聴導犬について知ってもらうことです。今まで年1回の講演会を行ってきましたが、より幅広い層に興味を持ってもらうために先月から2カ月に一度、一般見学会開催を始めました。

------事業の取組で最も苦労していることを教えてください。

 多くの人に認知してもらいことです。新聞やラジオなどメディアに取り上げていただく機会もありますが、広く知ってもらうためには継続した広報活動が不可欠だと考えています。積極的にメディアに情報を届け定期的に取り上げてもらえるように取り組んでいきたいと考えています。

------自身に備わっていると思われる「力」は何と思いますか?

 「知識と情報」です。介助犬、聴導犬先進国のアメリカで学び生活した経験から動物福祉が進んでいる国の取り組み、障害者が自立している社会の姿を自分の財産として持つことができています。将来の目標が明確なので、達成に向けて必要な取り組みやプランを立てることができます。

------事業の効果、成果によって、地域はどう変わりますか?

 補助犬は障害者と社会を結ぶ役割を担っていると考えています。
補助犬と生活を始め障害者は自分に自信が持てるようになり社会参加に積極的になります。愛媛県の補助犬使用者への理解が深まれば障害者の就労者数も増え、社会で活躍する人口増加、税収の増加にもつながります。 家庭犬においては躾がされた犬と意識の高い飼い主が増えることで愛護センターに持ち込まれる不幸な犬が減少、公園などの散歩でのマナーアップにつながります。

------自身で感じている事業の課題を教えてください。

 人員の確保です。一人で事業を広げるには限界があります。しかし、人員を養うだけの資金を用意できないのも現実問題として直面しており、今後どのように事業展開をしていくべきなのか模索中です。助成金の申し込みも積極的に活用したい気持ちはありますが、日常業務でいっぱいで廻らず、足踏み状態が続いています。

------3年後、取組みはどうなっているか?教えてください。

 今年度中に法人化を予定しているので、法人になり介助犬、聴導犬だけでなく小児病棟や癌病棟などで活躍する動物介在療法専門のセラピー犬の育成を始めたいと計画しています。また2016年10月現在、介助犬と聴導犬が活躍しているのは愛媛県だけなので四国4県全てに当会から介助犬や聴導犬を送り出し愛媛県を補助犬に優しい県、日本一を目指します。

 

団体概要

top

  • 団体名
    ドッグフォーライフジャパン
  • 所在地
    〒790-0914 愛媛県松山市三町3丁目3-26
  • 電話番号
    080-2021-1403
  • ファックス番号
     
  • メールアドレス
    info@dogforlife.org
  • URL
    http://dogforlife.org/
  • 代表者名
    砂田眞希
  • 役員名
     
  • 従業員名
     
  • 設立年月日
    2015年1月1日
  • 活動目的
     
  • 活動分野
     
  • 定款
       
  • 事業報告書
       
  • 活動計算書
       
  • 貸借対照表
         
  • 財産目録
       

bottom

ドッグフォーライフジャパンに関連する記事

砂田眞希さん(ドッグフォーライフジャパン代表)に関連する記事