えひめのNPO活動支援サイト

  • 運営団体
  • 事務局通信
  • お問合せ
  • 新規登録
  • ログイン

えひめSEED 愛媛を豊かするに本気アイデアを応援

  • プロジェクト一覧
  • PICK UP NPO
  • もっと知るSEED
  • 応援したい皆様へ
  • NPOの皆様へ始める

img

NPO法人えひめ311 澤上 幸子

http://ehime311.official.jp

2014.07.16 15.07更新

line

避難者の生活をサポートすると同時に、東日本大震災のことを講演会やワークショップなど色々な形で伝えることで、震災を風化させない、減災社会の実現に貢献する。現在は避難者支援50%、愛媛県内の減災社会づくり30%、東北支援20%の割合で活動している。

インタビュー

澤上 幸子

NPO法人えひめ311副代表理事兼事務局長
松山市出身。震災当時は福島市在住だった。
現在は事務局長として講演に登壇することもしばしば。

避難者の生活をトータルにサポート

3月15日には、愛媛に居ました。震災から3日後には知事が「愛媛に来てください」と、無償の住居提供などの受入体制をつくってくれました。

避難者は住むところから仕事さがし、子育て、介護――と、全て1から築いていかないといけないんです。それで石手寺での避難者交流会で設立メンバーと出会って、そういった生活に関するトータルな部分でサポートできるようにと、避難者への情報提供や相談業務を始めました。

と言うのも、月1回の交流会だけでは解決できない(避難者が抱える)問題が出てきて。私は松山出身で福島在住だったので、避難者と愛媛の橋渡しとして想いを繋げられると思ったんです。それで、テレビでまず避難者同士で協力しあうことを呼びかけさせてもらったら、愛媛県民の方からも「手伝いたい」と言ってくださる方がいらっしゃって。今は避難者と愛媛県民の方と合わせて80人くらいの会員の方に支えてもらってますね。交流会も続けていますが、母子避難の方は二重生活や「お父さんに会えなくて寂しい」といったように、誰とも話せなかった人から「交流会があって良かった」と言ってもらえたときは、「ああ、よかったなあ」と思いますね。

愛媛の人には本当に支えてもらっているので、恩返しという意味でも災害のことを伝えていきたいです。生活を立て直す方法のモデルとしてお伝えすることで、多少なりとも(発災後に)迷わずやっていけると思うんです。1年後くらいまでシミュレーションしておくと全然違いますから。

 取材日:2014年6月23日   聞き手:馬越俊介

事務所にてスタッフの方たちと。

団体概要

top

  • 団体名
    NPO法人えひめ311
  • 所在地
    〒790-0871 愛媛県松山市東一万2 第3森ビル1階 協働オフィス内
  • 電話番号
    089-947-2750
  • ファックス番号
    089-947-2750
  • メールアドレス
    ehime311@yahoo.co.jp
  • URL
    http://ehime311.official.jp
  • 代表者名
    渡部 寛志
  • 役員名
    渡部 寛志/菅 修一/澤上 幸子/中山 加奈子/瀧田 綾子/垣下 美紀/鈴木 紘
  • 従業員名
     
  • 設立年月日
    2011年9月11日
  • 活動目的
    この法人は、大規模災害により被災及び避難した者に対して、『一人一人の心に寄り添い共に課題を解決していく』という理念のもと、必要とされるあらゆる分野の情報提供と相談業務に関する支援事業を行うと共に、「命と尊厳」を守り一日でも早く一人でも多くの人が前を向いて歩き出せるような仕組みづくりを目的とする。またすべての市民に対して、東日本大震災のような悲劇を二度と繰り返させぬように、講演会やワークショップ、展覧会等を開催する事業を行い、震災を「風化させない」取り組みを進め、減災社会の実現に貢献することを目的とする。
  • 活動分野
    農村漁村又は中山間地域、職能開発・雇用拡充、社会教育、人権擁護、平和、消費者保護、環境保全、NPO助言、援助、災害救援
  • 定款
     定款 設立趣旨書 
  • 事業報告書
     平成24年度事業報告書 平成25年度事業計画書 
  • 活動計算書
       
  • 貸借対照表
         
  • 財産目録
       

bottom

NPO法人えひめ311に関連する記事

澤上 幸子に関連する記事